昭和38年の出版 第10巻から13巻

第10巻 群馬の古城趾 (昭和38年出版)


 B6版 319頁  (在庫はありません)  共著 県内の城郭の中から前橋、桐生、金山等十一城の興亡を斎藤敬一ら執筆。


第11巻 奇岩の山 妙義 (昭和38年出版)



 B6版 252頁  (在庫はありません) 共著  妙義山を文学、歴史民俗、自然、観光の四編から説いた。田島武夫ら執筆。


第12巻 近代 群馬の人々 (2) (昭和38年出版)

 B6版 288頁  (在庫はありません) 共著  県出身者で、近代に活躍した木暮理太郎、ブルーノタウトら人物九人伝。宮崎青山ら執筆。


第13巻 故郷のうた (昭和38年出版)



 B6版 280頁  (在庫はありません)  共著 わらべ唄と唱歌の二編。解説はこどもの生活と音楽の両面から説いている。都丸十九一ら編集執筆。




ホームに戻る メニューに戻る  既刊本一覧へ戻る 37年出版へ 39年出版へ
inserted by FC2 system