平成24年の出版 第206巻から209巻

平成24年の出版 第206巻から209巻

~揃えれば群馬を知る百科事典~

第206巻 群馬を知るための十二章 -民俗学からのアプローチ-


   B6版 219頁  目次は一部  板橋 春夫  著 群馬のことをどれだけ知っているだろうか?  授業始まりの号令、群馬県では「起立・注目・礼」と言う。他県では「起立・礼」で「注目」は入らない。  民俗学の視点から群馬における生活文化の特色を浮き彫りにする12章。

第207巻  群馬の遺跡を訪ねて


   B6版 256頁 目次は一部  藤巻 幸男・神谷佳昭 編 第201巻「群馬の古墳を歩く」の姉妹編。古墳や城館跡を除いた旧石器時代から中世の遺跡を解説。


第208巻   ぐんまの社会教育 ー永杉喜輔のあゆみー


 B6版 215頁   野口 周一 著  群馬県における社会教育の歴史と状況を群馬大学名誉教授永杉喜輔の生涯を通じて記述


第209巻 上野の戦国地侍く


   B6版 245頁  目次は一部 簗瀬 大輔 著  武家の侍に対して武装する地主的百姓がかかえる在地の侍「地侍」。  地侍の活動から戦国時代の上野国における地域の成り立ちの特質を浮き彫りにする。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成23年出版へ 平成25年出版へ
inserted by FC2 system