平成22年の出版 第198巻から201巻

平成22年の出版 第198巻から201巻

~揃えれば群馬を知る百科事典~

第198巻 登山家W.ウェストンと清蔵


   B6版 159頁  目次は一部  小林 二三雄  著 明治から大正にかけて、日本近代登山の祖W.ウェストンと妙義山の根本清蔵との心の交流を記す。  当時の近代化を急ぐ日本の姿が二人の山行から見える。

第199巻  加部安左衛門 江戸期在郷商人の事績


   B6版 215頁   丸山 不二夫  著 江戸から明治まで富豪として名をはせた「加部安左衛門」(通称加部安)は十二代続いた。   天明浅間噴火の被害救済、開港横浜の出店、引継がれた名は上州の気概そのもの。


第200巻   ふるさとを見つめる ー群馬の詩歌句ー


 B6版 308頁  目次は一部  共 著  文庫創刊五十周年記念出版。ふるさと上州を育んだ詩歌句。  群馬ゆかりの詩人三十一名、歌人二十九名、俳人十四名 計 七十四名を執筆者三十七名で取り上げる。


第201巻 群馬の古墳を歩く


   B6版 269頁   共 著 記念出版第二弾、古墳王国といえる群馬の古墳ガイドブック。  本書は二部構成、Ⅰ部は主要古墳の概観、Ⅱ部は考古学的な古墳の見方などまとめた。執筆者一七名。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成21年出版へ 平成23年出版へ
inserted by FC2 system