平成21年の出版 第194巻から197巻

平成21年の出版 第194巻から197巻

~揃えれば群馬を知る百科事典~

第194巻 シルクカントリー群馬の建造物史


   B6版 204頁    村田 敬一  著 群馬の絹遺産巡りのガイドブック。この一冊で近代群馬の文明開花を見て歩ける。  「養蚕農家と近代建造物がよくわかる二十一のキーワード」も収録。

第195巻  山口薫 ー色と形に託した魂の日記ー


   B6版 186頁  目次は一部  黒田 亮子  著 ふるさと群馬を詩情豊かに描きつづけた画家山口薫。誕生から成長、画風の確立、意識の変遷、成熟期など山口薫のすべてがわかる一冊。


第196巻   群馬県農業史 下


 B6版 217頁  目次は一部  宮崎 俊弥 著  転換期にある群馬の農業から、ふるさと群馬の将来展望を模索、研究成果の集大成。 上巻は第一八六巻。


第197巻 群馬を舞台にした小説 


   B6版 254頁   土屋文明記念文学館 編 作品二〇篇を選び、小説に書かれた群馬の風土や、シーンを写真を入れ紹介する。  この書を持ち、現地を訪ねて作品の面白さを感じてみてはいかがか。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成20年出版へ 平成22年出版へ
inserted by FC2 system