平成19年の出版 第186巻から189巻

平成19年の出版 第186巻から189巻

~揃えれば群馬を知る百科事典~

第186巻 群馬県農業史 上


   B6版 229頁 目次は一部    宮崎 俊弥  著  群馬の農業史を考え、大地で培われた土と水と緑の織りなす、先人たちの叡智を探求。 下巻は第一九六巻。

第187巻  陸軍岩鼻火薬製造所の歴史


   B6版 208頁  目次は一部  菊池 実、原田 雅純  著 高崎市綿貫町にある県立公園「群馬の森」一帯に、かって存在した旧陸軍の岩鼻火薬製造所の歴史をまとめた。


第188巻   明治維新の先導者 高山彦九郎


 B6版 244頁  目次は一部  正田 喜久 著  高山彦九郎の出生から、修学、尊王思想との出会い、歌人としての側面、旅と旅日記、九州下向と自刃まで、盛りだくさんの内容をまとめた。


第189巻 中島知久平と国政研究会(下)


   B6版 231頁   目次は一部 手島 仁  著 知久平さんは、県内に種々の遺産を残し、産業、経済、政治、文化等々に貢献があった。氏の成長、発展、展開を記す。  上巻は第一八〇巻。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成18年出版へ 平成20年出版へ
inserted by FC2 system