平成16年の出版 第174巻から177巻

平成16年の出版 第174巻から177巻

~揃えれば群馬を知る百科事典~

第174巻 小栗上野介


   B6版 222頁 目次は一部    共 著  三名の共著、「日本近代化のさきがけ」を市川光一、「上州権田にかけた夢」を村上泰賢、「小栗夫人会津へ」を小板橋良平。

第175巻  群馬の旧石器


   B6版 175頁  目次は一部  共 著  「旧石器」という石器はない、あるとすれば旧石器時代の石器であり、岩宿時代・先土器時代の石器である。  旧石器研究書で小菅将夫、大工原豊、麻生敏隆の共著。


第176巻   群馬の俳句と俳句の群馬


 B6版 230頁   林 桂 著   前段「群馬の俳句」は俳諧史(俳句史 )と主な作家の表現史。 後段「俳句の群馬」では作品紹介とした。


第177巻 八州廻りと上州の無宿・博徒


   B6版 222頁   目次は一部 中島 明 著  八州廻りとは、「関東八州の広域取締まり捕物役人等の集団」、その取締まり対象が、無宿や博徒であった。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成15年出版へ 平成17年出版へ
inserted by FC2 system