平成7年の出版 第138巻から141巻

平成7年の出版 第138巻から141巻

~揃えれば群馬の百科事典~

第138巻 土屋文明 ー人と作品ー 


   B6版 277頁 目次は一部    共 著 本県が生んだアララギ派の歌人土屋文明、その人となりと代表作品をまとめ 文明の概観とした。  大井恵夫ら十名で執筆。

第139巻  絵で見る近世の上州(下)


   B6版 201頁   青木 裕 著 江戸時代の上州に係わる絵画をまとめ、当時の自然、生業、文化などを取り上げた。上巻は第一三七巻。


第140巻  群馬の火山灰   


 B6版 180頁  目次は一部  竹本 弘幸、久保 誠二 著  群馬県は五つの活火山に囲まれ、火山災害の危険がある。火山灰はギリシア語でテフラという、県内のテフラの状況を紹介した。


第141巻 群馬郡史帖    


   B6版 194頁    阿久津 宗二 著  群馬郡の一部は、古代上野国の中心であつた。郡内の歴史や文化を紹介した。




ホームに戻る メニューに戻る 既刊本一覧へ戻る 平成6年出版へ 平成8年出版へ
inserted by FC2 system