大逆事件余波と群馬(上) 





明治43年、「刑務第七十三ノ罪条被告事件」(のちに大逆事件と呼ばれる)は、当時の日本の思想界を厚い黒雲で覆う「冬の時代」を作り出し、社会全体を閉塞感に追い込みました。
この事件の余波がなぜ群馬に及んだのかの知ることができる一冊となっている。
 





ホームに戻る メニューに戻る inserted by FC2 system